ほうれい線がでてきてしまう原因とは?

ほうれい線とは、鼻の両端から唇の横へと斜め下に刻まれる線のことをいいます。
くっきりと刻まれたほうれい線というのは、見た目年齢が高くなってしまいがちのため、予防したい、改善したいと思っている人は多いでしょう。
効果的なほうれい線対策としては、まずは原因を知って、それを自らつくり出すことがないようにする方法が挙げられます。
代表的な原因を挙げていきますが、まずは加齢を挙げることができます。
年齢の高まりに伴い、肌の水分量が減少しやすくなりますが、水分が不足すると顔のたるみの原因となります。
このほか、たるみは頬の筋肉が衰退化することでも引き起こされますが、顔がたるむことでほうれい線が目立ちやすくなってしまうのです。
したがって、肌の保水や保湿ケアをしたり、頬の筋肉を鍛える運動などをすることによって、効果的なほうれい線ケアをすることができます。
また、紫外線を浴び続けることによっても、ほうれい線として表面化する原因になってしまいます。
紫外線は年中降り注いでおり、室内にも入り込んできますので、シーズン問わずUV対策を徹底することにより、ほうれい線対策として効果的です。
そのほか、ほうれい線は生活習慣とも関わりが深いといわれています。
たとえば毎日十分な睡眠時間を確保できていなかったり、食べ過ぎや飲み過ぎになることが多かったり、日常的にストレスを溜め込んでしまっていると、ほうれい線ができやすくなるのです。
したがって、原因として該当するようなことがある場合には、生活習慣の改善に取り組めば、ほうれい線のケアにもなるでしょう。

ほうれい線を消すには保湿ケアが必須

ほうれい線の主な原因としては、年齢の高まりと共に肌のハリと肌の水分量が減少することが挙げられます。
水分が不足している状態はイコール乾燥していると捉えることができますが、これはなにも中高年の人だけに深くほうれい線が刻まれるわけではありません。
肌の水分量の減少というのは必ずしも年齢の高まりによってのみ引き起こされるトラブルではなく、若い人であっても招くリスクがあるのです。
どういうことかといいますと、たとえば寒い時期は空気が乾燥します。
これに伴って、肌も乾燥しやすくなってしまいます。
また、冬のような気温が低く乾燥している季節だけでなく、いまはどこでもエアコンがきいており、オールシーズン乾燥しやすい環境に身を置いている人が少なくありません。
このようなことから、常に乾燥しやすい状態になっており、年齢に関係なく肌の水分が失われてしまっている可能性があるのです。
この肌の水分量の減少をどうにかしたいところですが、ほうれい線対策として効果的なのは保湿ケアをおこなうことです。
いまはスキンケア化粧品も良質なものが揃っていますので、購入して毎日肌に潤いをプラスしてあげましょう。

地道に保湿ケアを継続していけば、ほうれい線ができるのを未然に防いだり、改善する効果が期待できます。
また、ほうれい線ケアだけでなく保湿をおこなうことによってハリや弾力のある肌へと導いていくこともできますので、ほかの肌トラブルの対策にもなっていいでしょう。

エクササイズや美顔器などで毎日ケアを行うのもとても良い事ですが、正直濃くなってきたほうれい線にはほとんど効きません。できてしまったほうれい線を消したいのであれば、ほうれい線専用の美容液・クリームはできるだけ利用した方が良いでしょう。

ほうれい線を消す為だけに専用に作られた美容液になっていて、ほうれい線を治す為に必須の2大ポイントである「肌のハリの回復」と「保湿」のケアを同時にできる美容液になっているのでオススメです。

マッサージによるほうれい線の消し方

ほうれい線は加齢による水分量の減少、紫外線、乾燥、アゴ出し猫背、横向き・うつ伏せ寝、口呼吸など、さまざまなことが原因で発生します。
原因をつくらないことが効果的なほうれい線対策になるわけですが、それ以外の方法はないものかと探している人もいるのではないでしょうか。
いまはさまざまな方法が紹介されていますが、そのなかの一つとしてはマッサージを挙げることができます。
たくさんのマッサージ法が存在していますが、ここではそのなかでも簡単におこなえて、継続するのが苦にならない方法を紹介します。
まずは、口のなかでおこなうマッサージ方法について解説します。
なお、ビニール製の手袋があると手が汚れないため、用意しておくとやりやすくなります。
最初に親指を口内の歯茎と筋肉のあいだに入れ込み、肌表面の側から親指を入れた部分を人差し指と中指を使って押さえてください。
ちょうどほうれい線のあたりを口のなかと外側から挟み込むようになりますが、その状態で人差し指と中指を左右に5回動かし、マッサージを施します。
これを1セットとして3回繰り返すことにより、ほうれい線ケアに効果的です。
次に、頭皮にほどこすマッサージによって、ほうれい線ケアを施す方法を説明します。
これも簡単な方法で、頭のてっぺんや前髪の生え際、首筋の生え際、耳の後ろに施すマッサージです。
これらの部分を指の腹でもみこみますが、小さい丸を描くようにマッサージを施してあげるのがポイントです。
これにより血行がよくなり、ほうれい線ケアに役立ちます。
参考になる動画がコレ↓

エクササイズによるほうれい線の消し方

ほうれい線の原因になるようなことを排除するほか、ほうれい線に効果的な方法を取り入れると、より有効です。
ほうれい線対策として効果的な方法はいろいろありますが、エクササイズをする方法も多数あります。
ここでは、そのなかでもやりやすいものを紹介しますので、ほうれい線対策をしたい人は参考にしながら実践してみてください。
まず解説するのは、舌を出しておこなうエクササイズの方法です。
最初に舌を前にめいっぱい出した状態にし、両肩を意識的に下ろして5秒経過するのを待ちます。
そのあと今度はアゴにつくイメージで舌を下に出し、また肩を下ろして5秒経過するのを待ちましょう。
さらに次は鼻に舌をつけるように上へと舌を出し、また肩を下げて5秒過ぎるのを待ちます。
そして今度は左頬に舌がつくような形で舌を出し、右肩だけ下ろして5秒待ちましょう。
あとは逆に右頬のほうへと下を出し、左肩を下げた状態で5秒維持して、このエクササイズは完了となります。
そのほかにおこなえるエクササイズですが、これもまた舌を使ってする方法となります。
口の内側から皮膚を押し出すようなイメージで、舌をぐるりと回していきます。
このときには一緒に目も一周するのがポイントです。
右回りと左回りのどちらでも構いませんが、一周したら逆方向へと舌と目を回しましょう。
右回り・左回りを1セットとして、3セット程度やるとほうれい線対策に効果的です。
いずれも時間がかからないため、チョットした空き時間をみつけて習慣化してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ