呼吸でするほうれい線対策

一口にほうれい線の原因といってもいろいろありますが、そのなかの一つとしては呼吸が関係していると指摘されています。
まず、自分が普段どういう呼吸のしかたをしているかチェックしてみてください。
無意識にしているのは鼻呼吸でしょうか、口呼吸でしょうか。
もしも口呼吸をしているということでしたら、矯正をしなくてはいけません。
口呼吸をしている人は、鼻呼吸をしている人とは異なり、口の周囲の筋肉が弱くなりやすいのです。
その結果、肌がたるんでしまい、ほうれい線が際立つ原因となってしまいます。
また、口呼吸というのはほうれい線だけでなく、さまざまなトラブルを引き起こしかねません。
ぜんそく、花粉症、アトピー、リウマチ、高血圧、糖尿病などの病気やアレルギーの原因になるほか、味覚や嗅覚の障害を招くリスクもあるのです。
これではいけない、直さなくてはと感じた人は、今日からでも鼻呼吸をするのを習慣化するための対策をおこないましょう。
それによって効果的なほうれい線対策にもなります。
具体的なやりかたですが、無意識に鼻呼吸になるまで意識的に口を閉じ、鼻呼吸をするようにしてください。
また、口をしっかりと閉じて左右の歯でガムを噛むのも、口呼吸をしないための効果的な対策となるでしょう。
そのほか、いまは鼻呼吸を促進するグッズが販売されています。
鼻腔を拡張するテープ、クリップといったものが販売されていますので、購入して口呼吸をしなくするために役立ててみてはいかがでしょうか。

ページトップへ