洗顔でするほうれい線対策

くっきりと深く刻まれたほうれい線や、ほうれい線からさらに下へと伸びるマリオネットラインは、実年齢より何歳も年上に見えてしまうものです。
美容の大敵であることはいうまでもありませんが、いまは20歳代でもほうれい線ができてしまっている人がいます。
ほうれい線の原因はさまざまで、ほうれい線対策の方法もいろいろと紹介されていますが、洗顔にも目を向けてみてはいかがでしょうか。
正しく洗顔をおこなえていないと、肌を無闇に傷めていたり、乾燥を招いてしまっている可能性があります。
そうなるとほうれい線の原因にもなりかねませんので、今一度日頃おこなっている洗顔方法を見直してみてはいかがでしょうか。
まず、起床後顔を洗うという人が大多数でしょうが、しっかり洗っているという人は多いのではないでしょうか。
しかしながら、朝はさほど徹底して洗顔をする必要はありません。
過度に洗顔すると肌に必要な皮脂まで除去してしまい、乾燥を招きやすくなります。
また、水で洗うと毛穴が縮小し、洗顔後のスキンケア商品が浸透しにくくなるのです。
したがって、ぬるま湯で複数回顔をパシャパシャと洗い上げる程度でよいでしょう。
次に夜の洗顔ですが、メイクをこすって落とすタイプのものは肌に刺激が加わりほうれい線の原因になるためやめておくのが無難です。
オイルクレンジングなどのほうがメイク落としとしては好ましいのですが、メイクを落としたら朝と同様ぬるま湯で洗いますが、洗顔料は使用します。
十分に泡立てて、泡で包み込むように洗い上げ、すすぎ残しがないようにぬるま湯で洗顔料を落としたら洗顔は完了です。

ページトップへ