食事でするほうれい線対策

ほうれい線を未然に防いだり、改善したりするためには、食生活を振り返る必要があります。
というのも、ほうれい線の原因としては毎日の食事のとりかたも少なからず関わっているからです。
まず、一番よくないのは暴飲暴食です。
ほうれい線の原因になりやすいですし、生活習慣病につながりかねません。
そのため食べ過ぎや飲み過ぎをしないことを前提に、効果的なほうれい線対策をおこないましょう。
食事のとりかたから解説しますが、咀嚼回数を多くすることが大切です。
片側だけで噛むのではなく、左右の歯を使ってバランスよく咀嚼するのがポイントです。
これにより表情筋の鍛錬となり、ほうれい線対策に効果的です。
なお、左右の歯を使って十分に噛む行為は、ほうれい線の原因となる口呼吸の矯正にも役立つでしょう。
また、ほうれい線の主な原因としては、加齢によるコラーゲンの減少も挙げられます。
そのため、毎日の食事でコラーゲンを摂ることにより、少なくなったぶんをカバーしましょう。
なお、1日にたくさんコラーゲンを摂取するよりも、毎日少しずつ摂取していくほうが、ほうれい線対策としては望ましいです。
鳥の皮や軟骨、手羽先、牛すじ、ウナギ、フカヒレ、サザエなどに含まれていますので、上手く毎日の献立に取り入れましょう。
また、ほうれい線対策に効果的な食事としては、ビタミンCの摂取もおすすめです。
毎日必要量を摂り続けることが大切ですが、レモンやみかんといったフルーツ、ブロッコリーやじゃがいもなどの野菜に豊富に含まれていますが、身近な食材が多いぶん、食事のメニューには取り入れやすいでしょう。

ページトップへ